日本の不動産を購入しませんか?

魅力ある東京都心の不動産

-円安・消費税UP・インフレ期待の今こそ不動産投資-


不動産視察プレミアムツアー   in TOKYO

 

 

SECでは、日本の投資不動産視察ツアーの開催を予定しています。

チャンスがあれば日本の不動産をぜひ買いたい、積極的に日本の不動産投資を考えたいという方向けのツアーです。

東京で人気の湾岸エリアのマンションの見学、日本の不動産のプロによる中国からの投資テクニックなど、内容が盛りだくさんのセミナーもございます。

日本の不動産にご興味をお持ちの方は、ぜひツアーにご参加ください。

物件見学の他に、東京の観光名所を巡るツアーや人気スポットでのショッピングツアーも組み込んでおりますので、投資家の皆さまのみならず、ご家族さまもご同行可能な内容となっております。

 

●不動産コンサルティング会社のコーディネート!

●出発は上海から! 2泊3日または3泊4日!

●東京都心の不動産を視察!

(エリアイメージ:上海/陆家嘴の南側住宅地に似たエリアの物件を中心に回ります)

●購入したい物件があった場合、即時購入申込み手続きが可能!

(※中国人通訳が同行しますのでご安心ください)

 

セミナーや物件説明会では、日本の不動産取引の慣例や日本の不動産事情、より詳細な現地不動産情報、具体的な購入手法や手順、税制、必要経費、出口戦略など、知っておくべき情報のすべてが得られます。

 

 

◆参考ツアー内容

●東京都内話題エリア視察

(新国立競技場 *東京オリンピックメインスタジアム  ⇒ 東京スカイツリー ⇒ 湾岸エリア タワーマンション ⇒ 有明エリア オリンピック施設建設予定地 ⇒ オリンピックレーン ⇒ 豊洲新卸売市場)

●不動産物件視察

●不動産投資セミナー

●物件説明会

●観光・ショッピング


◆不動産セミナーの内容例

1) 東京オリンピック前の不動産投資!本当に今が買いか?

2) 買うなら都心?田舎?住居系?事務所系? 何を買えばいいのか?

3) 不動産値下がりリスクは本当にあるか?

4) 割安物件の本当のところは?

5) 法人売買(M&A)を使った日本の不動産への投資スキーム

6) 運用益(収益)は日本でプールするのが良いのか?

 



2018 開催予定

 スケジュール詳細が決定次第おしらせいたします。

 

*******************************************************************************************************************************************************

 

 SECグループは中国の投資家の皆さまへ 

 高品質・長期安定利回りの投資物件をご紹介いたします。

 

 

  現在の日本の投資不動産市場 

 

・2020年の東京オリンピックに向けての開発により、不動産価格は高騰しております。

・日本のREITのみならず、海外からの投資により不動産投資は活発化しております。

・湾岸エリア(港区・中央区・江東区)の中長期的な人口の増加により、賃貸需要の増加が予想されます。

・都心部のオリンピックメインスタジアムと湾岸エリアの選手村をつなぐインフラ(通称「オリンピックレーン」)がまもなく完成します。

 

 

 

  日本の不動産をお勧めする理由

 

・中国圏(香港・台北)の居住用不動産利回りに比べて、日本の居住用不動産は4~7%の利回りが実現可能です。

・中国の土地は使用権ですが、日本の土地は永久所有権です。

・最新の建築技術、高品質な内装、最新の設備が備わった高品質の建物です。

・円安により、割安な価格で購入できます。

・安定したインカムゲインを見込めます。

・2019年10月に、消費税が10%(現状8%)に上がります。

 

 

 不動産投資のすべてを

 安心して任せられます。

 

 

  高利回り物件の落とし穴

 

昨今、不動産価格の高騰が続いている人気の東京エリアにおいても、8%前後の高利回り投資物件は存在していますが、そのような物件にはやはりデメリットが伴います。

中長期的には空室リスクが高いため、結果的に「期待する利回りが確保できない」ことがあります。また高利回り物件には築年の古いものが多く「修繕費がかさみ予想外の支出が増える」、さらに建物全体のグレード感が低い等から「売りたい時に売りにくい」というように、一般的な投資案件としては、かなりリスクが高いといえます。

投資物件を選ぶ際には、物件特性や市場性など、多角的な視点から投資判断することが重要になります。

 

  成功する不動産投資にいちばん大切なこと

 

安全・安心な不動産投資を行うには、その土地を熟知した「不動産の目利き」の存在=「不動産投資のプロフェッショナル」の存在が必要です。即ち、購入から賃貸管理・建物管理・売却まで一貫して任せられる[不動産投資のプロフェッショナル]である信頼できるベストパートナーの存在が不可欠です。

 

不動産の資産価値、購入価格、売却価格の査定、不動産査定の技術や知識、長年の経験と実績を持つSECならではのコンサルティングが安心・安全な投資を可能にします。


SECグループは、1999年より機関投資家をはじめとした国内外の投資家の皆さまに、不動産投資に関しアドバイザリー業務を行ってまいりました。不動産投資のベストパートナーとして、日本の不動産購入にご興味のある中国の投資家の皆さまのお役に立ちたいと考えております。

 

弊社グループは過去15年間で、日本全国(北海道から沖縄)に所在する不動産の購入・運営・売却のサポートをしてまいりました。一棟物件(オフィス・店舗・マンション)の取扱高約172,900百万円(約150件)、土地の取扱高約173,700百万円(約160件)、戸建の取扱高約7,550百万円(約100件)、区分所有マンションの取扱高約9,410百万円(約1,100件)の売却実績がございます。

 

ご購入いただきました不動産を売却される場合は、弊社の顧客のみならず、信託銀行、大手仲介会社等とのネットワークを活用し、通常売却・入札売却等により、より高値での売却のお手伝いをいたします。

また、日本の大手銀行からの不動産査定業務も累計で15,000件超、評価総額も累計で約26兆円の実績がございます。マーケット調査・価格査定には自信を持っております。

 

ご購入後の賃貸管理・建物管理等も、ぜひ弊社におまかせください。責任をもって管理させていただきます。

 

  日本の不動産投資の流れ [不動産購入~保有~売却]

 

  1. 『良い物件が見つかる!』


   2. 『管理を任せて安心!』


   3. 『売却のタイミングがわかる!』

 

 契約・登記・会計・税務まで

 ワンストップで任せられます。

 

 

  不動産投資スキームパターン

 

1) 個人 → 不動産取得

2) 個人 → 日本法人設立 → 不動産取得

3) 個人 → (日本法人取得)  ※不動産所有法人


中国から日本国内の不動産投資を行う際には、必要に応じてさまざまな投資パターンを採用していただけます。円滑な不動産投資を遂行するために必要な税務・法務をふまえ、各種事務手続きや調整などを専門家(税理士・行政書士・弁護士)がきめ細やかにサポートいたします。

また、大規模物件等への投資をお考えの方には、ノンリコースローン等、金融機関へのお取次やアドバイスもご提供します。

 

税務・法務サポート

中国国内 :

 上海出津商務咨詢有限公司

 [総経理] 佐藤大樹

 上海市浦東新区浦東南路1341弄2号6幢318室  郵編200122

 TEL +86(021)5836-2367    FAX +86(021)5836-2368

日本国内 :

 出津税務会計事務所

 [税理士] 出津平

 東京都新宿区市谷本村町3-22 ナカバビル6階  〒162-0845

 TEL 03-3268-6520      FAX 03-3568-6521


お問い合わせ

                                       

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


不動産の投資・購入に関するご質問、ご依頼は以下のフォームよりお問い合わせください。

折り返しご連絡させていただきます。

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です